私は、ただポイントが欲しかっただけなのですが…。

例年の夏はキャンプ場やコテージでのバーベキュー&宿泊が多いのですが、ある夏には「ちょっとイイお宿の贅沢旅行をしてみたい」との要望が出たため、慣れない旅行雑誌やパンフレットを吟味して、伊豆の個室露天風呂付の旅館泊のツアーに申し込みました。4人で合計約20万円を、ポイント欲しさに私のクレジットカードで支払いをさせてもらい、それが後に、で全く思わぬところで役に立ったのです。海水浴も温泉もお料理も大満足しての帰り道、浮かれた私は、特急列車を降りる時にほんの一瞬の不注意で足を踏み外したのが原因で足首をひどく捻挫してしまいました。申し訳ない気持ちいっぱいで駅の医務室に運ばれ、そのまま救急車で病院へ行くことに。と、その時「ツイてるね!保険使えるじゃん!」と友達が言ったのです。そう、その一言で、代金をクレジット払いした旅行には『国内旅行保険』という付随サービスがあることを思い出しました。一旦立替えが必要ながら、後の給付で結果的に治療費用は 全てそのサービスで賄えてラッキー…というか不幸中の幸いでした。けれど、それ以上に嬉しかったのが、楽しかった旅行の最後の最後に水を差してしまった私に対して「普段そんなにカード使わないのにラッキーだったね!」「悪運強すぎでしょ!」と友人たちが笑ってくれたことです。クレジットって凄い!ありがとう!そう今までで一番強く感じた出来事です。