クレジットカードのポイントの注意点

クレジットカードは、使用額に応じてポイントが貯まるものがほとんどだと思います。そういうポイントはある程度たまると商品や現金、プリペイドカードなどに交換できるものが多く意識して貯める人も多いでしょう。しかし気をつける点として、ポイントの有効期限があります。せっかくポイントを貯めていたのに、使う前に有効期限が切れてしまう事にならないようにしたいですね。基本的には多くは二年間の有効期限を設けていますが、例えばニコスのビアソカードではポイントが一年間の有効期限となっており、それも1000円分のポイントを超えないと使えない決まりです。そうなると、あまり使わない人の場合は一年間使ってもポイントが1000円分を超えなくて消滅してしまうのです。非常にそれはもったいないことなので、有効期限には注意して欲しいと思います。

楽天カード

私は楽天カードを作って以来、ほとんどすべての支払いを楽天カードに集約してポイントをためるようにしています。普段食料品を購入するスーパーでもクレジットカードで支払いをします。クレジットカードに対応していないようなお店は楽天カードに付随しているEdyで対応することもあります。EdyのチャージはWeb上から行うとクレジット決済になり、ポイントが上乗せになります。また、公共料金の支払い、携帯電話の支払いもクレジット払の設定にしていて、ポイントがかなりたまるようになっています。会社の建て替え、出張時の楽天トラベルでもポイントがどんどんたまっていきます。大体月に1000ポイント以上はたまっています。たまったポイントで日用品を購入し、日々の出費を抑えるようにしています。