クレジットカード中心の生活です

社会人になって初めてクレジットカードを作りました。実際に持つまでのイメージとしては、支払いを先延ばしにして払えなくなったらどうしようという不安がありましたが、実際に持ってみると、スーパーあコンビニでは小銭を探したりする手間いらずでスムーズに決済できますし、急に同僚と仕事終わりに飲みに行ったときなどは手持ちがなくてもカードさえあれば不安がないですし、なんといってもポイントを貯めることができるのも魅力的です。最近では携帯電話や公共料金の支払いもカード決済にしていちいち口座に振り込んでおく必要がなくなったので楽になりました。支払い日が近くなったときは一括払いにしていたものを分割払いに変更できるのも助かっています。

ポイントアップできるショップを選べる

クレジットカードのポイントは通常の利用で付加される率はたかが知れています。大きな還元率が期待できるのはそのカードを発行している会社関連で買い物をしたときくらいですが、エポスカードはポイントアップするショップを自分で選べるのでお得にポイントを加算してもらえます。エポスカードはマルイのカードなのでマルイのテナント内での買い物はもちろんポイント増額です。それに加えて3つのショップを選択してそこでの買い物で得られるポイントを通常の倍にしてくれます。対象となるのは公共料金などの支払いも当たるので定期的な支払いのあるところを選択しておけば継続的に加算されたポイントが入ってきますのでトータルでは得ができますね。

クレジットカードでディスカウント

日本でもそうですが、アメリカでもそのショップが運営、提携するクレジットカードに加盟することで、その場で割引が利くということがあります。我が家もこれに1度身を投げました。それは30万円ほどするソファをクーポンを大量に使って購入しようとしたのですが、さらにそのショップの発行するクレジットカードを申し込むことでさらに20%のディスカウントがあると言われて申し込んだのです。もちろんディスカウント価格で購入できましたが、これをすぐにキャンセルしてしまうとクレジットスコアが下がるというデメリットもあります。これが下がるとアメリカでは家のレンタルなども難しくなってしまうので、要注意なのです。もちろん、我が家は問題ありませんでした。