イオン系列でお買い物してる人は必須!特典だらけのイオンカード

最近は色んなクレジットカードが出回っていますが、普段のお買い物をイオン系列の店舗でされている方にお勧めしたいのがイオンカードです。入会金年会費は無料なので入会しやすいカードですし、イオンカードでのお買い物200円につき、1ポイントが溜まっていきます。そしてイオン系列の店舗でのお買い物だった場合はポイント2倍。200円につき2ポイント溜まるので普段食材などをイオンで買い物している方は例えば月3万利用したとしてポイントが300ポイント付きます。年間で3600円分付くので溜まったポイントで商品と交換したり、お食事券や商品券に交換したりとお得に利用できます。また、イオンカードを盗難、紛失した際も、クレジットによる損害額を補償してくれるサービスが付随しているので、クレジットカードを持ったことが今まで無い方などカードを持つことに不安な方も安心できます。そして利用額が大きい方に特にお勧めなのが、年間の利用額が大きい方で基準を満たす方は無料でゴールドカードへ切り替えができます。国内外の旅行傷害補償が無料で付帯していますし、イオンラウンジや羽田空港のラウンジも無料で利用できます。何とゴールドカードなのに年会費も無料とかなりお得なカードです。無料でこれだけ特典が付いているイオンカードは持っておいて損は無いカードだと思います。

クレジットカードがない生活には戻れない

バンク決算にかかる手数料や代引き手数料の数百円を節約できた挙句、クレジットカード使用でポイントが還元されることが多いため一石二鳥でお得だと思うことがあるので、消費税10%の増税も決まっている中で、クレジットカードがない現金払いのみの時代には戻れないです。財布の中の現金が足らないので欲しいものを現地での買い物の際に諦めたりせずに済んだし、単身赴任や遠征の際などに、相手に現金を多めに渡さなくて済むので、お金のごまかしがきかないところも魅力的です。旅行時の際に保険が付いているので便利だとも感じます。クレジットカードを作る際の手間もスマホがある時代になって容易に省けるようになったし、作る際の条件も緩めになっていると感じるので、そこも便利だと思います。

クレジットカードを使うとポイントでお得に

普通に現金で支払うと、絶対に割引がないものってありますよね。私は、そういうものを購入する時には必ずクレジットカードで支払います。金額が大きければ大きいほどポイントとして還元されるので、すごく得した気分になれちゃいます。また、ショッピングモールと提携しているクレジットカード会社だと、溜まったポイントでお買い物出来るのも嬉しいです。普段のお買い物でもクレジットカードで支払うようになると、普通に生活しているだけでポイントがどんどん溜まっていくので、提携しているショッピングモールのカフェで年に何回かはポイントでランチを頂いています。年会費が無料のカードも沢山あるので、そういったものならトライしやすいですのでおすすめですよ。

海外でJCBカードは使えるか否か

ご存知の方も多いかと思いますが、日本以外の海外に行くと、基本的にクレジットカードが使える店では使用可能なVISAやマスターカードに比べると、JCBが使える店は限られています。その為、海外に頻繁行く人は、JCBを避ける傾向があるようです。しかし、JCBカードは、地域によっては非常に使えるカードです。大きく云うと、下記の二つです。①JCBラウンジが使えるJCBプラザラウンジという施設が、ニューヨークやパリ、北京等、全世界に十箇所程あります。そこでは、流暢な日本語で観光案内を受けられるのは勿論、無料でドリンクが飲めたり、日本の新聞を読んで休憩することが可能です。パリ探訪時も、そこで色々気になる観光情報を聞きました。②たびらばの特典が受けられるラウンジがない国も含め、たびらばというJCBのサイトに、各国のお店の情報が掲載されています。そこでは、JCBカード支払の場合の特典が載っています。特典には、販売店での割り引き、レストランで食前酒のサービスなどがございます。使える店が少ない弱点はあれど、これらの特典があるJCBカードは、海外でも十分「使える」カードでしょう。

旅行が多い人に是非お勧め!AMEXスカイトラベラーカード

プライベートの旅行やビジネスでの出張が多い人におすすめのAMEXスカイトラベラーカード。このカードのすごいところは、航空券の購入時に3%のポイントが付くところです。マイルは1円=1ポイントでマイルに変換できます。このマイルは、渡航時に加算される通常マイルとは別物です。例えば、どこかに旅行に行くときには、航空会社で購入した航空券代の3%がポイントとして付加され、さらに渡航時にマイルがたまります。私はANAのマイレージカードを持っていますが、いつもAMEXで航空券を購入して購入分のポイントを貯めつつ、渡航時にもANAのマイルを貯めます。購入分のポイントは何万マイルかたまったときに一気に換算します。このカードを利用していると、通常の2倍以上のスピードでマイルが貯まることになります。非常にお得です。

私が年会費の発生しないカードを選ぶ理由

クレジットカードを選ぶ際に年会費の発生しないものを確認してから選ぶように心がけています。私の場合は公共料金や買い物、CS放送の支払いなどの支払いを5枚のクレジットカードを使い分けているため、どれかに年会費が発生すると頭の中で整理できなくなってしまうため、避けるようにしています。会社側を信用してはいますが、もしも別の料金の発生する可能性を考えてしまうと年会費の発生しないカードを選ぶ必要があると感じているからです。年会費を求められるカードは、無料に困難なポイントが貯まるなどの付加価値を持つカードが基本ですが、支払ってまで利用したい付加価値や魅力のないことも、私が年会費の発生しないカードを選ぶ理由です。

エアライン系のクレジットカードは何かとお得

ANAやJALなどの国内大手の航空会社系のクレジットカードはマイレージをお得に貯められる特典が盛りだくさんのクレジットカードなので旅行をするのが趣味という人にはかなりメリットが多いカードです。提携しているレストランやホテル、ショップなどで買い物をするとマイレージが2倍とか3倍で貯められるので、気づかないうちにどんどんマイルがたまるのが特徴です。買い物だけでなく公共料金の支払いをしたり実際に航空券を購入する時にも使っていけば、あっという間に国際線の往復無料航空券や国内線の無料航空券、さらには世界各地の一流ホテル宿泊などの特典に交換することができるので旅好きの人には特に魅力満載のクレジットカードだと言えます。

楽天カードをポイントカード代わりに

楽天カードを愛用しています。日頃から楽天でネットショッピングをすることが多く、年会費等の費用も一切かからないのでずっとこれ一枚です。最近では楽天ポイントカードができて、ミスタードーナツやシェルなどでもポイントが付くようになって更にお得な気がします。楽天でのお買い物で、時々スーパーセールをやっていたりポイント20倍などのお店もあるので、そういうときにまとめて買ってしまってポイントを貯めて次回に利用、という使い方もしています。クレジットカードはこれしか持っていないので、支払いなどにも利用していたためか1万ポイントくらい貯まったときがあって、何だか得した気分になりました。ポイント還元率の高いお店で買い物をしないと買い過ぎになってしまいますが、ポイントカードとして利用できるところが気に入っています。

クレジットカードのポイントの注意点

クレジットカードは、使用額に応じてポイントが貯まるものがほとんどだと思います。そういうポイントはある程度たまると商品や現金、プリペイドカードなどに交換できるものが多く意識して貯める人も多いでしょう。しかし気をつける点として、ポイントの有効期限があります。せっかくポイントを貯めていたのに、使う前に有効期限が切れてしまう事にならないようにしたいですね。基本的には多くは二年間の有効期限を設けていますが、例えばニコスのビアソカードではポイントが一年間の有効期限となっており、それも1000円分のポイントを超えないと使えない決まりです。そうなると、あまり使わない人の場合は一年間使ってもポイントが1000円分を超えなくて消滅してしまうのです。非常にそれはもったいないことなので、有効期限には注意して欲しいと思います。

楽天カード

私は楽天カードを作って以来、ほとんどすべての支払いを楽天カードに集約してポイントをためるようにしています。普段食料品を購入するスーパーでもクレジットカードで支払いをします。クレジットカードに対応していないようなお店は楽天カードに付随しているEdyで対応することもあります。EdyのチャージはWeb上から行うとクレジット決済になり、ポイントが上乗せになります。また、公共料金の支払い、携帯電話の支払いもクレジット払の設定にしていて、ポイントがかなりたまるようになっています。会社の建て替え、出張時の楽天トラベルでもポイントがどんどんたまっていきます。大体月に1000ポイント以上はたまっています。たまったポイントで日用品を購入し、日々の出費を抑えるようにしています。